写真家・石川直樹さんを講師に迎えた
写真ゼロ番地知床の第3回ワークショップを、
12月6日(火)、斜里町のゆめホール知床で開催しました!

12月初めにしては強い雪風の日でハラハラしたものの、
町内外から20人ほどの方にご参加いただきました。

ポートフォリオ・レビュー(講評)のほか、
石川さんが撮影した知床の写真を鑑賞したり、
皆さんの好きな写真集を並べて語り合ったり、
じっくり写真を考える刺激的な2時間半となりました!


dsc_00298月に行った第1回ワークショップと同様に、
まずは講義です。
この夏、石川さんが知床連山を縦走した際に
撮影した写真などが披露されました。

dsc_0026こちらは知床観光ポスターでもおなじみの
フレペの滝のエゾシカ。

dsc_0052今回は参加者に
「好きな写真集を持ってきてください!」
とお願いしました。

いろいろなジャンルの写真集が集まった中で、
石川さんはご自身が持ってきた
ロバート・フランクの『アメリカ人』などを紹介。
「らしさから脱却する」
その意味の奥深さ、難しさ、大切さを
考えることができたように思います。

dsc_0110その後はポートフォリオ・レビューです!
参加者と対話しながら、
身ぶり、手ぶりを交えて、
講評を伝えます。

dsc_0119
dsc_0124参加者の皆さん、とても緊張した面持ちで
石川さんのアドバイスを聞いていましたが、
ワークショップ後はとてもスッキリした!
と楽しそうに話していました。

dsc_0145
ラストは毛利実行委員長のごあいさつ。
石川さんはその間におもむろにポケットからカメラを取り出し、
素早くこちらを撮影していました!

今回もHARIO株式会社様に特別協力いただき、
淹れたてのコーヒーを飲みながら、
ワークショップを楽しむことができました。
どうもありがとうございました。

写真ゼロ番地知床の次のイベントは、
2017年3月を予定しています!
詳細決まり次第、
ブログやSNSで発信していきますので、
引き続き、よろしくお願いします。

広告